庭木の剪定・木の伐採は簡単じゃない~メンテナンスは技術と知識が必要~

メンテナンスが大事!草むしりや庭木の剪定

庭木の剪定に失敗してしまうと悲惨です

従業員

草木の知識があまり無い場合は、メンテナンスのときに自分の感覚で剪定や伐採をしようとしてしまうでしょう。庭木の剪定をして失敗してしまったというケースはたくさんあります。ここでは、その例をいくつか紹介します。

庭木の剪定の失敗談

大切に育ててきたのに・・・(40代/Oさん)

大事に育ててきた庭木を自分で剪定したのが失敗でした。枝が伸びていたので綺麗に整えたつもりですが、剪定した後から庭木の元気がなくなったのです。原因が分からず、庭木の剪定や木の伐採を行なっている業者に相談したところ、剪定する時期が問題だったことが分かりました。次からは専門家である業者にお願いしようと反省しています。

剪定をしたら花がつかなくなってしまいました。(50代/Sさん)

ガーデニングで育てている庭木が予想以上に大きくなってきたため、自分で枝葉をカットしてみました。いくつかある枝に葉と蕾が付いていたので大丈夫かと思ったのですが、花開く季節になってもうまく咲きません。業者に相談すると、元気の良い葉や蕾を剪定してしまったからかも知れないと言われました。庭木のメンテナンスで剪定をするときの、切る枝葉の判断は難しいと思いました。

庭木の剪定に失敗しないための心得

ホームセンターで購入できる道具を用いて、自分で庭のメンテナンスをする人は少なくないでしょう。しかし、作業中に庭木の剪定や草むしりなどに夢中になることで事故も起こっています。庭木の剪定や草むしりは、景観を良くしたり衛生面を保ったりするために必要なことですが、害虫に刺されることや草木によるアレルギー症状、作業中の転倒の危険もあるのです。メンテナンスに熱心な人ほど思わぬ事故に遭いやすいので、庭木の剪定や木の伐採、草むしりを行なっている業者に相談しながら作業を行なうと良いでしょう。

庭木を健康に保つにはこまめに観察することが大切

庭木を健やかに美しく育てるためには、全体のバランスを見ながら適切な手入れを行なう必要があります。樹種を確認して、どの季節に剪定や木の伐採、草むしりを実施した方が良いのか知ることが大事です。定期的にメンテナンスを業者に依頼している人も、こまめに状態を観察しておきましょう。異変に早く気付くことができれば、最適な方法で庭の状態を改善したり維持したりできるでしょう。

TOPボタン